スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己流内面からのニキビ対策

いろいろ書きましたが、『結局なにがいいんだよ!』と思っている人がいると思います。私ならそう思います。(笑)

私が、病院で言われたのが、『栄養は偏って摂取しても意味がない。ビタミンBが肌を生まれ変わらす栄養だからと言ってビタミンBばかり取っても効果が薄いんですよ。』といわれました。


私は、本気で変えようと思ってからは、夜更かしをほぼしないようにしました。11時30分ぐらいから成長ホルモンが分泌されます。それまでには寝るようにしています。


で、で、で、私が、これを中心に摂取し始めてから良くなったのがあります!
それは、後の部で書きます。

スポンサーサイト

# オススメ食材


いろいろ書きましたが、『結局なにがいいんだよ!』と思っている人

大切な栄養素

まずは、ビタミンA
ビタミンAは皮膚や鼻やノドなどの粘膜を丈夫にし、免疫力を高めるビタミンです。免疫力を高めることでニキビの原因になるアクネ菌の繁殖を抑制します。不足すると鳥目やドライアイになったり、骨の成長を妨げます。動物性食品に含まれるレチノール、緑黄色野菜に含まれ体内でビタミンAに変化するβカロテンがあります。
レチノールとβカロテンは脂溶性です。サプリメントで補う時は、体内に応じてビタミンAに変わるβカロテンが摂り過ぎの心配がなく安心です。


ビタミンAを含む食材・・・レバー、人参、春菊、ウナギ、かぼちゃ



次にビタミンB2
ビタミンB2はニキビの原因になる脂質の代謝を促すのでニキビやダイエットには効果的なサプリメントです。キレイな肌・髪・つめを作る働きもあるビタミン。不足すると口内炎が出来ることもあります。

ビタミンB2は水溶性ビタミンなので、1日に数回に分けて摂取するなどしてこまめに摂りたいビタミンです。ビタミンB2は光に当たると変質しやすいので、ビタミンB2を含む食品は冷暗所に保存した方が良いです。


ビタミンB2を含む食材・・・レバー、ウナギ、ヨーグルト、納豆、のり、マイタケ、たまご


ビタミンB6
ビタミンB6はタンパク質の代謝を促す働きがあり、健康なお肌や髪を作る効果や、免疫を正常に保つ働きもあるのでニキビの予防には有効です。

ビタミンB6はビタミンB2同様水溶性ビタミンなので、1日に数回に分けて摂取するなどしてこまめに摂りたいビタミンです。ビタミンB6は光に当たると変質しやすいので、ビタミンB2を含む食品は冷暗所に保存した方が良いです。またビタミンB2が不足するとビタミンB6の働きも妨げられてしまいます。


ビタミンB6を含む食材・・・マグロ、サンマ、サバ、いわし、牛レバー、鶏レバー、豚肉、さつまいも


ビタミンC
ビタミンCはコラーゲンの合成に必要で肌のシワ、たるみを抑え、丈夫な血管や骨をつくります。ニキビへの効果としては炎症を引き起こす活性酸素の除去、ニキビの原因になるストレスの緩和などの効果があります。

他にも免疫力を高めるので風邪の予防や回復促進、シミやアレルギーの改善、目の老化防止や鉄の吸収を高めるなどの効果が期待できます。

ビタミンCを含む食材・・・赤・黄ピーマン、菜の花、ブロッコリー、レモン等の柑橘類、柿、キウイ、イチゴ、ほうれん草

最後にビタミンE
ビタミンEは強い抗酸化作用がある脂溶性ビタミンで、ニキビの原因になる活性酸素から体を守り、老化現象や動脈硬化の進行を抑制してくれます。

また、血行を促進する効果もあるのでお肌のくすみ改善や冷えにも効きます。更にホルモンの分泌を調整する作用もあるので、ニキビにも効果的かもしれません。


ビタミンEを含む食材・・・アーモンドなどのナッツ類、すじこ、たらこ、モロヘイヤ、かぼちゃ、シーチキン




内臓不調が原因のニキビ

内臓は「お肌の写し鏡」と言われるほど肌との関係が深いです。 ニキビの原因に、ストレスや暴飲暴食で内臓に負担を掛けたり、慢性的な便秘などがあります。
これらのように内臓に原因があるニキビは主に口の周りに出来やすいと言われているので、心当たりのある人は改善出来るように対策を講じましょう!



便秘になるとそれだけでストレスが掛かったり、体内の活性酸素を増やしニキビの原因となります。
更に便秘になると便が長期間腸に溜まっている状態が続くので、腸内環境が乱れ悪玉菌が増えます。この悪玉菌がたんぱく質を分解して作り出す インドールやスカトールなどの毒素が腸から吸収されて血液に取り込まれます。
インドールやスカトールが血液に取り込まれると、肌荒れやニキビの原因になり、 肝臓まで到達すると肝臓にもダメージを与え、全身の代謝機能を低下させます。


①食物繊維の多い食事
近代の食事は、食物繊維が減ってきています。食物繊維は便の量を増やし、腸内の善玉菌を増やすので便秘改善にはたくさん採りたいです。

②無理なダイエットはしない
便秘を防ぐには無理なダイエットは厳禁です。ダイエットは食べる量が減ってしまうと、便となるモノがなくなります。

③運動をしましょう
運動は腸のぜん動運動を活発にするので便秘解消にも有効ですし、ストレス解消にもなると思うのでやってみましょう!


# 内臓不調が原因のニキビ

内臓は「お肌の写し鏡」と言われるほど肌との関係が深いです。 ニキビの原因に、ストレスや暴飲暴食で内臓に負担を掛けたり、慢性的な便秘などがあります。
これらのように内臓に原因があるニキビは主に口の周りに出来やすいと言われているので、心当たりのある人は改善出来るように対策を講じましょう。


便秘になるとそれだけでストレスが掛かったり、体内の活性酸素を増やしニキビの原因となります。更に便秘になると便が長期間腸に溜まっている状態が続くので、腸内環境が乱れ悪玉菌が増えます。この悪玉菌がたんぱく質を分解して作り出す インドールやスカトールなどの毒素が腸から吸収されて血液に取り込まれます。
インドールやスカトールが血液に取り込まれると、肌荒れやニキビの原因になり、 肝臓まで到達すると肝臓にもダメージを与え、全身の代謝機能を低下させます。

便秘改善方法には、
?食物繊維の多い食事
近年の食事では、食物繊維が減ってきています。食物繊維は便の量を増やし、腸内の善玉菌を増やすので便秘改善では多く摂取したいです、

?ストレスを




ニキビができやすい食べ物

次に、ニキビになりやすい食べ物について書いていきます。

まずは、炭水化物です。
炭水化物は消化されると糖分に分解され、その糖分が油分に変り皮下脂肪として蓄えられたり、皮脂の材料になります。
そのため、炭水化物を食べ過ぎると皮脂が多く分泌されるので、注意が必要である。
まったく摂取しないのも問題ですが、多く取りすぎないようにしましょう。
やはり、甘い食べ物も糖分が多く含まれているので皮脂の材料になってしまいます。


また、油分が多い食べ物もニキビのもとです。
揚げ物や、牛肉、豚肉、鳥肉の動物性脂肪は血中の中性脂肪を増やし、皮脂の分泌を増やすので注意が必要です。代わりに魚などの魚介類をお勧めします。魚類の油はDHCやEPAが含まれているので血液がさらさらになり、ニキビ対策に期待ができます。


辛い物もだめです。
辛い食べものなどの刺激物は胃が荒れたり、内臓に負担がかかるのでニキビのためには良くないです。更に血行を促進するのでニキビの炎症を悪化させてします恐れもあります。


飲酒は特に気を付けてください。
お酒はニキビの原因になる糖分を多く含み糖や皮脂の代謝を促すビタミンB郡を大量に消費するからです。飲み会などで夜遅くまで深酒をすると当然内臓への負担も大きく、生活のリズムも崩れ、体に強いストレスも掛かります。
飲みすぎには気を付けてください。

ニキビの原因

ストレスはニキビの大きな原因の一つです。
野球の松井選手はデビュー当時、打撃不振が続くと目に見えてニキビが多くなっていたのはわかりやすい例ですね。
ストレスがなぜニキビの原因になるかと言うと、ストレスがかかると緊張状態になる為に、血流が滞り血の巡りが悪くなります。血流が悪くなると、血流活性効果のあるDHT(ジヒドロテストステロン)という強力な男性ホルモンを多く分泌させます。

ストレスは溜め込まない事が大切です。スポーツや趣味に没頭できる自分に合ったストレスの解消方法を見つけストレスを溜め込まないように心がけることが大切です。



ニキビに悩む多くの人が当てはまるニキビの原因がニキビ体質だということが多いです。 皮脂が多い体質や、ホルモンバランスの悪い体質、内蔵系が弱い体質などニキビに繋がる体質は多くありますが、体質自体を変えるのは難しいです。

しかし、ニキビ体質であっても日々の食生活や生活習慣、スキンケアなどのでかなりの部分が改善されるので地道な努力を心がけましょう。

これからが本番です!


まずは、ニキビとは

ニキビとは様々な原因により引き起こされる炎症を伴った発疹です。

ニキビは体質や性別に大きく関わり、皮脂腺の活動が活発な人が症状が出やすい傾向があります。ニキビの出来やすい時期もあり、季節の変わり目である初夏や初秋に出来やすくなります。


ニキビの赤みは炎症によって傷付いた皮膚を修復するために新生された組織が見えていえる状態です。跡の赤みは通常3~6ヶ月で消えますが、紫外線を浴びて色素沈着が起こるとシミになって跡が残ってしまいます。

ニキビ跡の凸凹については、凹は炎症によって真皮が傷付きへこんでしまっている状態で、凸はニキビが治る時に中に膿が残ったまま傷口が塞がってしまうとできてしまいます。

ニキビ跡が凸凹に跡が残ってしまうと病院や美容外科で専門の治療を繰り返し受けないと改善は難しいと言われています。


日々の生活でできるにきびケアについてご紹介します。洗顔や食生活、サプリメントなど毎日の生活習慣からにきびを作らないために気を付けなければならないことはたくさんあります。スキンケアで大事なのは毎日の地道なお手入れの積み重ねです
プロフィール

naniなになに

Author:naniなになに
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。